ポスター

Today

About

 2021年4月、東京・神田錦町に「神田ポートビル」が誕生しました。1964年に建てられた印刷会社旧社屋をリノベーションしたこの建物は、歴史と文化の積み重なった神田錦町という場所を背景に、カルチャーやアカデミズム、ウェルビーイングをテーマにした新しい複合施設です。

 地下1階には株式会社ウェルビーによる「サウナラボ」、1階には株式会社ゆかいのオフィスとカフェ、ショップ、ギャラリーからなる「神田ポート」、2階・3階に「ほぼ日の學校」の教室スタジオ、4階から6階には神田で100年以上も印刷業を営んできた「精興社」が入居しています。

 1階「神田ポート」は、街の広場を意識したコミュニティスペースで、地域のみなさんや訪れた方が思い思い自由に過ごせる場所としました。また、ここで定期的に行われるイベントや展覧会などが、このビルに集まったさまざまなタイプのテナントを横断する様に行われることで、新しい文化が生まれる場所を目指していきます。

 都市生活者の新しい居場所、それが「神田ポートビル」です。

Floor Guide

B1F-1F
SaunaLab
1F
神田ポート
KITCHEN SAUNA

ゆかい
あかるい写真館
2F-3F
ほぼ日の學校
4F-6F
精興社

Comission Work

「神田ポートビルに訪れた方へ」

神田ポートビルには、地下にサウナがあります。
サウナは2000年前のフィンランドが起源だといわれていて、その最初のカタチ、原点といえるスモークサウナは、土の中につくられたそうです。いわば洞窟のようなものだったのでしょうか。

1964年に建てたれた神田ポートビル(旧精興社)は、再生を意味に込め街に開かれた、リノベーション物件として、2121年4月26日に文化複合施設として生まれ変わりました。

ここにサウナを地下につくる。
これが最初のテーマとなったビルの在り方で、私たちが注目したのは「土の中」です。

言われて見れば、大地は命の象徴でもあります。
ほとんどの植物は土から生まれる場所で、しかも見ることが難しい世界空間。

そんな人間でいう内臓の働きのようなバクテリアや細胞たちの集合体によって構成された空間にアイデアのヒントを与えて、再生の意味をこめた作品をサウナの概念と両立したコンセプトで制作してほしい。

神田ポートビルのコミッションワークに参加してもらった作家には、そのようなお題をご提案し、それぞれの解釈でこの思想にふさわしい作品を作り出していただきました。
みなさまは、空間に点在する命の想像をおたのしみください。

神田ポートビル
クリエイティブディレクター/プロデューサー 池田晶紀 小林知典

フロアマップ 1 はじけ 2 サウナ 3 神田錦町 更科 4 “LAPLAND” SAUNA HAT LAMP 5 山とその間 6a YO-GAN-PLANET 6b 小沢敦志 7 ?室 8 サウナのモビール 9 series “DOUBLE NATUE”「模様」 10 山とその間 1 2 3 4 5 6a 6b 7 8 9 9 10

Event

Access Map

東京都千代田区神田錦町3-9
半蔵門線三田線新宿線神保町駅 A9(3分)
東西線竹橋駅 3b(2分)

Contact

お名前
メールアドレス
お問い合わせ
プライバシーポリシー

プライバシーポリシー

神田ポートビル(以下、「当社」といいます。)は、本ウェブサイト上で提供するサービス(以下、「本サービス」といいます。)におけるプライバシー情報の取扱いについて、以下のとおりプライバシーポリシー(以下、「本ポリシー」といいます。)を定めます。

第1条(プライバシー情報)

プライバシー情報のうち「個人情報」とは、個人情報保護法にいう「個人情報」を指すものとし、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日、住所、電話番号、連絡先その他の記述等により特定の個人を識別できる情報を指します。

第2条(プライバシー情報の収集方法)

当社は、お客様がご利用する際に氏名、生年月日、住所、電話番号、メールアドレスなどの個人情報をお尋ねすることがあります。
当社は、お客様について、利用したサービス、閲覧したページ、利用日時、利用方法、利用環境(携帯端末を通じてご利用の場合の当該端末の通信状態、利用に際しての各種設定情報なども含みます)、IPアドレス、クッキー情報、位置情報、端末の個体識別情報などの履歴情報および特性情報を、お客様が当社のサービスを利用しまたはページを閲覧する際に収集します。

第3条(個人情報を収集・利用する目的)

当社が個人情報を収集・利用する目的は以下のとおりです。

  1. お客様に、氏名、住所、連絡先などの各種情報提供
  2. お客様にお知らせや連絡をするためにメールアドレスを利用する場合やユーザーに商品を送付したり必要に応じて連絡したりするため、氏名や住所などの連絡先情報を利用する目的
  3. お客様に本人確認を行うために、氏名、生年月日、住所、電話番号などの情報を利用する目的
  4. お客様に代金を請求するために、利用されたサービスの種類や回数、請求金額、氏名、住所などの支払に関する情報などを利用する目的
  5. お客様が代金の支払を遅滞したり第三者に損害を発生させたりするなど、本サービスの利用規約に違反したお客様ーや、不正・不当な目的でサービスを利用しようとするユーザーの利用をお断りするために、利用態様、氏名や住所など個人を特定するための情報を利用する目的
  6. お客様からのお問い合わせに対応するために、お問い合わせ内容や代金の請求に関する情報など当社がお客様に対してサービスを提供するにあたって必要となる情報や、お客様のサービス利用状況、連絡先情報などを利用する目的
  7. 上記の利用目的に付随する目的

第4条(個人情報の第三者提供)

当社は、次に掲げる場合を除いて、あらかじめお客様の同意を得ることなく、第三者に個人情報を提供することはありません。ただし、個人情報保護法その他の法令で認められる場合を除きます。

  1. 法令に基づく場合
  2. 人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
  3. 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
  4. 国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
  5. 予め次の事項を告知あるいは公表をしている場合

第5条(個人情報の開示)

当社は、お客様ご本人から個人情報の開示を求められたときは、ご本人に対し、遅滞なくこれを開示します。ただし、対応にあたっては、不正な開示請求による情報漏洩防止のため、適切な方法にてご本人確認をさせて頂きます。
お客様からの個人情報の開示請求にあたり、お知らせの手数料として別途実費を請求させて頂くことがございます。

第6条(個人情報の訂正および削除)

お客様は、当社の保有する自己の個人情報が誤った情報である場合には、当社が定める手続きにより、当社に対して個人情報の訂正または削除を請求することができます。
当社は、ユーザーから前項の請求を受けてその請求に応じる必要があると判断した場合には、遅滞なく、当該個人情報の訂正または削除を行い、これをお客様に通知します。

第7条(個人情報の利用停止等)

当社は、お客様本人から、個人情報が、利用目的の範囲を超えて取り扱われているという理由、または不正の手段により取得されたものであるという理由により、その利用の停止または消去(以下、「利用停止等」といいます。)を求められた場合には、遅滞なく必要な調査を行い、その結果に基づき、個人情報の利用停止等を行い、その旨本人に通知します。ただし、個人情報の利用停止等に多額の費用を有する場合その他利用停止等を行うことが困難な場合であって、本人の権利利益を保護するために必要なこれに代わるべき措置をとれる場合は、この代替策を講じます。

第8条(プライバシーポリシーの変更)

本プライバシーポリシーを変更する場合には告知致します。 プライバシーポリシーは定期的にご確認下さいますようお願い申し上げます。
本プライバシーポリシーの変更は告知が掲載された時点で効力を有するものとし、掲載後、本サイトをご利用頂いた場合には、変更へ同意頂いたものとさせて頂きます。

第9条(お問い合わせ窓口)

本サイトにおける個人情報に関するお問い合わせは、下記までお願い致します。
info@kandaport.jp

PAGETOP